ヘアカラーのかぶれ(ノンジアミンカラー)について

毛染めでかぶれてしまった事がある方や、かぶれが心配な方にノンジアミンカラーについて簡単に説明しますね。

毛染め剤によるかぶれ(アレルギー性)は、ある日突然発症します。原因の多くは、ジアミン染料と言う物です。濃い茶色から黒い色、日本人の髪に必要な色を出してくれるので、白髪染めにはとても重要な役割をしている染料です。一度かぶれてしまうと、毎回かぶれてしまうので、非常に厄介です。そこで、ノンジアミンカラーの出番です。ちなみに、痒くなる、しみるなどは、接触性の一次的な反応の場合も多いです。アレルギー性の反応は時間が少し経ってから出る場合が多いです。

ノンジアミンカラーにも様々なタイプが有ります。

  • ヘナ   ナチュラルヘナは白髪がオレンジっぽく染まります。黒い髪は色はほぼ変わりません。つまり、明るく染めることは出来ません。色々な色がある物や黒く染まるヘナは、ジアミン染料が入っている事が考えられるので注意が必要です。インディゴを併用することもあります。
  • HC、塩基性染料   ご家庭で良く利用する、カラートリートメント。利尻昆布ナンチャラとかですね。色落ちが気になる、との声が多いです。
  • ジアミン染料以外の酸化染料を使ったカラー   一般な白髪染めよりは色の入りや持ちが少し劣ります。アミノフェノール等かぶれの心配な物も入っているので、注意が必要です。
  • ヘアマニキュア   頭皮に付くとしばらく落ちないので根元が染まりにくいです。
  • これらをミックスした物

それぞれ特徴があり、良いところ、劣るところがあります。100%安全な物は、今のところありませんのでお気軽にご相談下さいね。

かぶれで困っている方だけでなく、毛染め剤が心配、いつも痒くなる、ヒリヒリする、等々、一人で悩まずご相談下さい。